FC2ブログ
日々思うこと
のんびり屋のきまぐれなブログ。最近はみんカラのミラーサイト的な立ち位置に。
北海道旅行
夏の休暇を利用して北海道旅行に行ってきました。

4泊5日で釧路→川湯温泉→知床→中標津→旭川→美瑛→釧路と道東1周旅行。

レンタカーを使って総移動距離はなんと1000km!


1日400kmの移動が2回あったのでさすがに堪えますw

でも北海道の道って思ったより大きくてゆったりしています。

片側1車線なのにその気になれば2台通ることが出来そう。

場所によっては少し古い街並み、ゆったりした車線なので日本であって日本でないような風景でした。

移動に割と忙しかったので写真をほとんど撮れていなかったのが残念。

でも北海道の田舎道がどこまでも真っ直ぐ続く様を見ると何だか心が和み、一瞬移住を真剣に考えましたw

でっかいどうをゆったりも走れるけど最近高速道路が延長され続けていて今では釧路まで伸びています。

これだとますますJRのメリットがなくなります。

今回釧路湿原を展望台から眺めに行きました。4年前同様JRでの往復を考えていたけど、釧路ー網走間が今は何と1日7往復しかなくて、ちょうど良い塩梅に往復する便がなかったので仕方なくレンタカーで行きました。


ちなみに美瑛の青い池も行ってきたけど、曇りでも水面は青かったw

快晴い日にみたらさぞかし神秘的なんだろうな・・・


スポンサーサイト



よろしければ帰る前にポチッと

テーマ:北海道 - ジャンル:旅行

強行日程で行ってきました
10月31日、新城ラリーDay1を観てきました。

その日の午後には愛知を発つので前日午後に高知を発って車で前日入りしました。

もちろん高知ナンバーのフリードでw。

ラリー観戦は2010ラリージャパン以来でしたが新城ラリーは地元が一丸になっている印象がありました。



様々なラリーカーが並んでいていろいろ目移りしました。



うちの子達も興味津々ww

個人的に印象が残ったのは2点

1つ目はデモランでF3カーが走ったこと。

そりゃモナコではF1カーが走るけどあんなに勾配の強い所をF3カーが走れるんだなと感心しました。

2つ目はそのデモランの体験試乗。

抽選を当て引くことは出来なかったけど、なんと1番違い!!

前後賞とかあったら良かったのにw


PS 本日カーボンヒートシールドをリベットを固定しました。
  ディーラーでリベットを通すための穴を開けてもらったけど、工賃2000円でリベットで固定しくれるらしいのでついでにお願いしました。さすがに両面テープ固定で1ヶ月凌ぐとガバガバに浮いていました。これで一安心。
よろしければ帰る前にポチッと
強行!天空の城ツアー その1


兵庫県にある旧竹田城跡に行ってきました。

17時間、往復600kmの強行スケジュールでした。

10月に城崎に旅行に行ったがてら観てきたけどその時は雲海が出ていなくて残念な結果でした。

12月になると登城も出来なくなるのでまさに今シーズン最後のチャンス。

学会帰りで疲れが溜まっていたけど、若くはないけど勢いに任せて行ってきました。

日出を狙うので、片道300kmということを考えると高知を夜出発することに。

ひとまず瀬戸大橋の与島PAで休憩。



休日ライトアップしていたけど場所を移動している間に消灯時間になってアップで撮れなかった・・・



そしてお約束。

休日+夜+パーキングエリア=車の集い

与島PAも漏れることなく若者が光る車に乗って集っておりました。

与島PAを出て1時間。たつの西SAに到着。

ここでも若者による車の光の集いが。

ここで一旦なんちゃって車中泊をして時間を調整することに。

与島PAでもだったけど昨今のトレンドもあってか車中泊が以前より増えたような気がします。

キャンピングカー、ワゴン車だったりと。自分はセダンでありますがw

普通にラフな格好した人たちが気兼ねすることなくエリア内をウロウロしておりました。

ちなみに自分の車中泊の方法ですが・・・

GVBは幸いにもセダンにしては珍しくリアシートが倒れるのでトランクからリアシートかけて狭いながらも足を伸ばすことが出来ます。

ただフラットではないのでこのままだと起きた時に身体がバキバキになることは必至。

それを回避するためにマットとかを下に敷くのがいいです。

本格派はちゃんと車のサイズを測ってそれ用のを購入するらしいですが突貫車中泊なので家で普通に使っている布団用マットをトランクから突っ込みました。幸い三つに折り畳めるタイプだったので1つたためばちょうどいい広さになります。

掛け布団も普通に家で使っているのを流用。予想最低気温が6度前後だったので羽毛布団1枚で乗り切れましたw

あとは遮光だけど、元々光のあるところでも普通に寝られる人なので外から見られないようにする、という意味でフロントにだけサンシェードを。

後部側面とリアガラスは多少スモーク入っているのでもうそのまま。

あとは布団を頭まで被って、旅の恥は掛け捨て、覗かれても知らんぷりw

そうして4時間ばかりの仮眠を。

起きた時に後部座席の窓に子供サイズの手形くっきりと。

うん・・・たぶんの近所の子供かうちの子供のだ・・・そう・・・そのはず・・・。

さあ出発しようか・・・「。
よろしければ帰る前にポチッと
遅い夏休み


何シテル?でもありましたが天空の城で有名な竹田城跡に行ってきました。

家族旅行でがんばって城崎温泉に泊まっていたけど、朝4時に城崎を出て朝来に。

数年前にも行ったことはあるけどそのときは昼間で雲海目当てではなかった。

ただ、今ほど入城者数は多くなかったのでシャトルバスなんてなかったし本丸まで登れたし。

今回は城山そのものに登るのではなく、遠くから眺めて雲海に浮かぶ竹田城をシャッターに収めたいと思いました。

普段なら立雲峡からの眺めが絶景なのですが今シーズンは道を舗装中で徒歩でないと入れないということ。

なので竹田城を挟んで反対側の藤和峠でチャレンジすることに。

結果・・・

台風の後にしては朝が冷え込んでいたから期待はしていたものの、今朝は雲海が麓までしか出ませんでした。残念・・・。

でもでも、夜明けをバックにした竹田城が撮れたから満足(逆光だけどw)

次はまだ未定だけどぜひ雲海に浮かぶ竹田城を撮れたらと思います。

ちなみに、城崎の旅館の人に話を聞くと、自分みたいに城崎から朝早く出て1時間ちょっとかけて観に行く人はたまにいるみたいw

なお、城崎は城崎で秋祭りのだんじりをやっていました。

上下関係バリバリの「連中」という階級制度。

いいこともあるといいますが、客観的に見ると、城崎に生まれなくて良かった・・・。
よろしければ帰る前にポチッと
5本の木の功罪
突然ですが、先日夏休みがてら北海道に行ってきました。

レンタカーを借りてがっつり道東を回ってきました。

最近仕事が忙しいのでここに書く気も当初はなかったんですがあるサイトを見て、真夜中ながらもなんとなく書こうという気になりました。

そのきっかけが、5本ではなくなった5本の木

某航空会社が宣伝のために撮影した5本の木、某アイドルグループを起用したおかげもあって大反響。

その5本の木が北海道に実在するというので観光客が押し寄せていたきたと。

今回の旅行にそれを見る機会があったのでパチリとしてきました。

5本の木その1

遠くから撮っています。拡大すると・・・

5本の木その2

こんな遠くから撮ったのと、5本の木なのに5本じゃないのは理由があります。

それは引用元を見ればわかるけど、つまりはあまりに観光客が押し寄せすぎ、そのマナーもひどくなって地主が怒っているからです。

その木が立っているのはれっきとした私有地なのに観光客が断りもなく侵入して記念写真を撮っていると。

なので地主があえて景観を壊す目的に小さい木を植えたわけなのです。

このことは、自分は偶然にも旅行前にNHKのニュースで知ってたのであえて近づく気はありませんでした。

幸いにも美瑛から南に下る国道沿いのファームに上のような立て看があったのでここで写真を撮って満足しました。

その間にも観光バスが出たり入ったり・・・。

NHKのニュースによると、このことはここだけでなく、美瑛での観光スポット全体でも言えるようです。特に最近は外国人観光客も増えたのでなかなか対応も難しくなってきているようで。

旅の恥は掛け捨てといいますが(少し意味が違うけど)、地元の人、あるいは後々やってくる人たちのためにも今一度行いを見直してみる必要があるのでは?
よろしければ帰る前にポチッと

テーマ:北海道 - ジャンル:旅行