FC2ブログ
日々思うこと
のんびり屋のきまぐれなブログ。最近はみんカラのミラーサイト的な立ち位置に。
ついに完成インナーガレージ
結構とびとびになったけど晴れてインナーガレージが完成しました。


ライトは人感センサーのスポットライトと作業時に明るく照らせるようにと蛍光灯のツイン装備。

みんカラで調べるとガレージをしっかり活用されてる人たちはこういうことをしていたけど、工務店の電器屋に兄ちゃんに言わせてみたら、

「こんなことをことのは初めて(汗」

と言われたw  いいじゃないかい、これが個性w



ガレージは家の壁に調和させるために少しクリーム色の入ったホワイト。もちろん自動で開閉しますよ。



入り口付近にSKを設置

洗車にも使うのでシンクの水栓とは別にホース用の水栓がよく見たら付いています。

そして、この際だからと混合水栓に。これで洗車も怖くない(^^



まだ引っ越したばかりなので荷物が片付いておりません。

これは年末年始時間を使いながらじっくりと。



バイクも横に置くので意外に手狭です。

バイクは地震が起きたら車の方に倒れるかもしれないのでしっかり固定していきます。
スポンサーサイト



よろしければ帰る前にポチッと

テーマ:マイホームへの道 - ジャンル:日記

完成間近
少し間隔が開きましたが・・・マイホームが完成間近となりました。

どんな感じになるかと思ったインナーガレージですが、意外と(?)落ち着きのあるテイストになりました。



天井は白、壁は木目。奥のドアは自分の書斎へと続きます。

このドアに付いては壁に調和させるためにもう少しブラウンの入った色にしようかと思ったけど、ガレージの窓のサッシが白だったのでこれに統一しました。

また開き戸ではなく引き戸も考えましたが、気密性が劣ること、手前にドアを開いてもそんなに邪魔にならなさそうなので開き戸にしました。

そのおかげでドアの書斎側すぐ横に本棚を作ることが出来ます。



緊急時の脱出口、ではなく(笑)、小屋裏収納です。

固定式の階段も考えたけど、そうなると収納スペースが縮小するので折り畳みにしました。

また階段自体も乗ったときの安定感のある木材か、軽いアルミかで悩みましたが前者を選択しました。

ガレージは屋外環境になるので木製の階段が今後どうなるか注目です。

ちなみに嫁には、

「自分の荷物は書斎とここに全部入れてね♪」と言われております(汗)。

普段は書斎とガレージが自分の居場所で、たまに小屋裏が秘密基地になりそうです。

でも小屋裏にいる時に折り畳み階段を上げられたら一巻の終わりですw



家の全体写真です。

車の納まりはいいように見えますがこれにまだVTR(バイク)が入るので実はギリギリです。

ちなみにガレージの灯りは点いていませんが普段はダウンライト、作業時は蛍光灯という仕様にしています。

この配置も車の位置次第なので結構電器屋さんと調整しました。

なんとか年内には引っ越しできそうなので年末年始は大忙しです(^^;
よろしければ帰る前にポチッと

テーマ:マイホームへの道 - ジャンル:日記

マイホーム着々と
大工さん達、シルバーウイークも休みなしで働いているようです。

感謝感激の思いです。

少しずつその様相がはっきりしてきている我が家。

ガラスがスリガラスでないとかマイナートラブルがありますが大きな変更なく進んでおります。

基本的にガレージと書斎意外は嫁任せなのでそこは多くは語りません、というか語れません。



自分の書斎からガレージを眺めた光景。

フォトアルバムにも少し触れたけど今見えている壁は区切っている柱の間にはそれぞれSK(シンク)、スチール棚、作業机、ツールワゴンを配置しようと考えています。

最近考えるのは作業机の位置。

机を配置する柱のspanは約80cm

最近これがいかがなものかと考えています。

作業机は広ければ広いほど使いやすいし、実際事例を見ると広くとっているのがほとんどです。

幅80cmも決して狭くはないけどなんか中途半端な感じがする。

いっそスチール棚を配置するところが幅180cmあるのでそちらに使用かとも思ったけど、そうなると収納スペースがちょっと死んでしまうし、いかんせん幅80cmのところの天井にダウンライトを付けてしまった。

机の位置を無理に変更すると変なところにダウンライトがあるということになる。

変に息巻いてしまったばかりに変更しづらくなった。

でもガレージのレイアウト考える時にいつも思うのは、実際に車を入れてみないと全くイメージが湧かないということ。

なのでもう少し時間を掛けて考えてみようかと。

それとガレージの電気、シャッター、換気扇の連動について。

やはり3つ一度に連動させるのは困難なよう。というかやったことがないらしい。

注文住宅なんだからそこんところチャレンジしてほしいと思ったが、シャッターや換気扇の既製品の仕様を変えることになるので保証が出来ないらしい。

なので3系統を全部独立させることに。

ちなみにガレージの内壁は木目調にしようと考えていて、シャッターも木目調で見積もりとったら・・・

なんと元の案と3倍も開きが出てしまった・・・

う〜ん、家作りは妥協したくないけど、3倍も開きがあると妥協もせざるを得ない。

妥協した部分をガレージの環境整備にあてるとするか・・・
よろしければ帰る前にポチッと
インナーガレージの問題点
棟上を行って1ヶ月

昨日電気関係、ガレージ関連について現場で打ち合わせをしてきました。

まず問題にあがったのがガレージの電気について

当初は

・シャッターの開け閉めに応じて灯りがつく、且つ排気目的に換気扇も作動し、程よい時間で自動的にオフになる。

・シャッターはもちろん、灯り、換気扇もマニュアルでオンオフができる

これを現実的に実現しようとなると結構難しいようです。

たとえばシャッターを半端に開けた場合も電気は作動したり換気扇も作動することも考えられます。

というわけでこれらを1つの回路で行うことは諦めました。というより複雑にすると後々トラブルの原因になりそう。

まずシャッターの開け閉めの灯りは人感センサーを用いる方針に。車を入れるときはシャッターの動きに感知して、車を出すときは車に乗り込む人の動きに反応するように設置しなければならない。

またシャッターと換気扇の連動は何とか出来そう。ただタイマー運転はマニュアルでのオンオフとのことを考えるとやや難しい。

そうなるとシャッターと換気扇も別々にしてガレージの出入り時にマンパワーで換気扇をタイマー設定にしてオンオフするがシンプルな気がしてきた。

あと余談だが、現時点でガレージの灯りは普段のダウンライト4つ、作業時の蛍光灯4つ。

これに今回の打ち合わせで人感センサー対応ライトが2つ付く。

さらに先日イーポリッシュさんの作業場をみてレール式のダウンライトをつけたくなったのでそれが2つ。

およそ4x6mのガレージにはいささか多いような気が・・・

嫁に「ショップでも始めるの?」と言われる始末w

う〜ん確かに多いかも。

シャッターと併せて見積もり待ちです。

あとは水回りのいろいろ確認。


この段階で気づいたが脱衣所の窓が透明ガラス・・・ダメでしょ(汗

あと左の窓が風呂場の窓だが、よく見ると位置が低いので場合によってはブラインドが必要かも。

よろしければ帰る前にポチッと
マイホーム着々と
奥の家ではありません。手前の基礎部分が我が家です(汗

梅雨で雨が続いているのでなかなか工程が予定通りに進まない。

天候の問題なので仕方のないことだが・・・。

それと元々袋小路の奥の方に土地を構えた形だったが、その奥に大手のアパートが建つことに。

袋小路だから家の前の道路にたまに展開して出来るかと思ったけどそれなりに行き来が出来るようになったので残念・・・。

基礎がだいぶ仕上がったので再来週には棟上げが出来る雰囲気に。

大手のアパートと競い合うように仕上がっております

よろしければ帰る前にポチッと

テーマ:マイホームへの道 - ジャンル:日記