FC2ブログ
日々思うこと
のんびり屋のきまぐれなブログ。最近はみんカラのミラーサイト的な立ち位置に。
口唇裂傷
よく子供が、こけた拍子に歯でくちびるを切った、といって夜やってくる。

「切る」とは言っても実際はえぐれている。

そして唇というのは目立つところなので傷が残ると見栄えも悪い。

だから出来れば縫ってあげたいけど、ここで外傷の基本的ともいえることがある。

咬傷は縫ってはいけない

人や動物の噛み傷というのは、最近がたっぷりついた歯が凶器となって出来る傷。

その傷は一見小さくて結構深い。

だから縫っても中にスペースがあって、底の方が洗えていなかったりすると膿瘍形成、つまり化膿する。

なので基本的に縫わずに傷は開放。むしろ入り口が小さければ広げることも。

口唇裂傷もたいていは自分の歯による咬傷。

だから基本的には開放だが、深いからといって縫わずにおくと治った時に痕が目立つ可能性がある。

あまりに目立つ傷なら縫合の適応があるのだが、そうでないものに関しては縫うか縫わないかの見極めが難しい。

これだけは自分の中ではっきりした基準ができていなくて、ケースバイケースなことになっている。

迷ったら歯科に流すというのが最も無難な選択肢だとは思うけど・・・(汗
スポンサーサイト



よろしければ帰る前にポチッと

テーマ:日記 - ジャンル:日記