FC2ブログ
日々思うこと
のんびり屋のきまぐれなブログ。最近はみんカラのミラーサイト的な立ち位置に。
ハワイ旅行記⑥
B級映画に出てきそうなスーパーマーケットを後にして向かうのはカラパナ。

そこは1990年の噴火で溶岩に飲み込まれた村で噴火の痕が今でも痛々しく残っている。

カラパナ1
カラパナ2

あたり一面黒い平原が広がっている。

かつて美しい砂浜が広がっていたとも思われるが・・・。

おそらくここは噴火のとき溶岩で埋め尽くされていた。

カラパナ4

海岸にも溶岩の石がごろごろ。

ただ人気がないというわけではなく、サーファーがいたり、漁師が漁を行っていたりもするという。

カラパナ3

そしてヤシの実も植えられたりしていて、新しい一歩というのも感じられた。

以前は白い砂浜が広がっていたというが、ハワイ島の別の場所では黒い砂浜というのもあるみたいなのでそういった新しい形に生まれ変わるのではないか。

カラパナ5

北西に目を向けると、煙?というか湯気がたっている。

おそらくあそこでは今でも噴火しているのでしょう。

カラパナを後にして向かうはキラウエア火山の国立公園。

山に向かえば向かうほど霧(というより蒸気)で視界不良になってきていた。

国立公園に入って展望台を見下ろす。

しかし視界不良でわずかな蒸気しか見えず・・・

その後ラバ・チューブという溶岩トンネルを歩きに行く。

ラバチューブ1
洞窟の入り口、というかそこに行くまでの道とかもまるでジャングル。動物が出てきてもおかしくないw

ラバチューブ2

ピンボケ著しいが洞窟の中は電灯があってある程度の明るさはある。しかしところどころ天井が低くなっている。

ガイドいわく、洞窟の中で写真を撮るとたまに人のオーラが写っているらしい。

まあ、ピンボケするとそう見えなくもないけど・・・

その後はスチームベントなる場所に行く。

蒸気が噴出しているらしいが、いわゆるプシュー!という感じではなく蒸気というよりは熱気。

でも確かにベントを覗こうとすると、風向きによってはかなり熱い!

ガイドが「ここにコインを投げ込むな」と言っていた。

なんでも地元の子供が取ろうとして危険らしい。

確かにこれは危険・・・。

この後はクレーターすぐ近くの資料館と火口が見える展望台へ・・・。

もう霧やら雨やらで見えないけどねw

おまけに資料館はもう閉館時間で早く出ろと言わんばかりの従業員の態度。

山を下って空港に戻り、飛行機でオアフ島へ。

ホテルにたどり着くと23時前。

今回は、キラウエア火山自体が活動がおとなしい時期だったのであまり見所なかったが、それでもカラパナの溶岩原は衝撃的だった。

次来る事があったら火口近くのトレッキングとか出来ればと思う。
スポンサーサイト



よろしければ帰る前にポチッと

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

ハワイ旅行記⑤~B級ツアー~
三日目。

ハワイ島の火山を観る現地ツアーを申し込んでいたので9時半にホテル近くでピックアップしてもらいホノルル空港に向かう。

ツアーはVIPツアーというところ。

怪しい中国系の運転手、そして後で出てくるガイド含めて全然VIPじゃないがw

途中ツアーを申し込んでいる別の客をいろいろなところを回りながらピックアップしていたが、何度も言うように路上駐車が多い!

もう駐車禁止区域なんか関係なしww

ホノルル空港に着くと目の前にチェックゲート。

そのチェックゲート、上着も靴も脱がなくてはいけない。

さすがテロの危険大の国アメリカ。

ちなみに子供は問題なし(いいのか?)

待合では日本人らしき新婚夫婦、ビジネスマン、そしてなぜか現地のハイスクールの一行など様々な面々が。

ハワイに来て思ったが、向こうの若人は地面に座ったり寝転がったりするということに全く抵抗がないらしい。

待合のフロアがカーペットなせいか、ショルダーバッグを枕に寝ている若者も。

日本では、台風で飛行機が欠航になって空港で立ち往生している光景でよくみるが、こちらでは日常茶飯事(苦笑


ハワイアン航空

ちなみに利用したのはハワイアン航空。

小さな飛行機を想像してたが実際は日本の地方~東京線でも使われてもおかしくないくらいの中型の飛行機。

CAは当然アロハシャツ。

ハワイではこれが正装ですからw

そして何故か男のCAもいたりw

眼下に見下ろすのはハワイ島。


ハワイ=砂浜ビーチを思い浮かべるが、飛行機から見る限りハワイ島は海岸線は崖が多い。

Hilo空港に到着。

空港を出て迎えに来ていたのは日系のガイドさん。彼とはそれから半日いっしょにいたが、彼を一言で言うと「適当」ww

口癖は「Anyway」。

日本のガイドでは考えられないほどの適当さ。

あまりの適当っぷりにかえって好印象を持ってしまうほどww

そんな彼に連れられ、メインはキラウェア火山だがまずは島の半周観光。


まず向かったのはRinbow Fall。

Rainbowfall

結構大きな滝というのだが、如何せん最近雨が少なかったせいか水量に乏しい。当然虹なんか見えないw

ちなみに滝の周りに見られた木や植物は日本ではまず見かけないものばかり。スケールも日本より大きいものばかり。

次に向かったのはハワイ島では有名な菓子メーカーでその名も「Big Island Candies」。

Bigislandcandies

キャンディなのに売っているのはチョコがメインww

試食も出来て工場出来立てのものを買えるのが売りらしい。

買う人いるのかなと思ったが、後で自分たちよりもずっと規模のでかいツアー一行がやってきたのでまんざらでもなさそう。

荷物を増やしたくなかったので自分達は当然買わなかったがww

このころから、キラウェア火山はまだなのかという雰囲気が仲間うちで漂い始めたww

ここを出てようやく昼食に。このときすでに3時。

昼食のために向かったのは、ガイド曰く「チャイニーズレストラン」

そうして着いたのは、

田舎のスーパー

ん?地方のスーパーマーケット?

いかにもB級アメリカ映画に出てきそうな風景。

その一角にあるというチャイニーズレストラン・・・というより惣菜店?

ガイドは、当たり前のようにさあここで食事をとれといわんばかりの態度。

味は・・・意外にいける!

地元では密かに人気といったところだろうか。

たまにはこういうツアーもいいかも。

ちなみにこのショッピングセンター。

ずっと観察しているとピックアップトラックに乗った上半身裸の陽気な兄ちゃんたちが乗り付けてきたり、そうかと思えばビックサイズのピックアップトラックから出てきたのは、あらスレンダーな女性w

そうして昼食をとって、いよいよ火山の方へ向かう(続く)
よろしければ帰る前にポチッと

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行

ハワイ旅行記④ タクシーの運ちゃんのおすすめ
とりあえず部屋でシャワーを浴びて再集合して昼食をとることに。

ビーチを歩いていると人がちょっと並んでいるところが。

その名も「Egg'n Things」

本にも載っていて人気があるようなのでそこに入ることに。

店の名前にもあるとおり卵料理と、あとクリームの乗ったパンケーキが有名みたいである。

ハワイに来てまだロコモコを食べていなかったのでロコモコにチャレンジ。

ロコモコとドリンクM+チップで$15くらい。

会計を終わらせるとドリンクのカップを渡される。

サイズMのはずなのにどうみてもサイズLというにはお約束どおりか。

そのあとそれよりも二回り大きいカップを持った兄ちゃんがうろうろしていたのでサイズMはそれで合っていた。

運ばれてきたロコモコ・・・美味しかった。

ただやっぱりデカかった。

まぁでも食べられるだろうと思っていたが意外にライスが隠れていて悪戦。

途中で休むと残り食べられなくなりそうだったので一気に休まず食べる。

ちなみにその横で人気のクリームパンケーキを食べているグループが。

パン5枚にたっぷりとクリームがのっかっている。

さすがにこれは昼食には食べる気にはなれない。

ご飯食べた後は自由行動。

そういえばハワイに来てショッピング関係を見ておらず、嫁にも土産を頼まれていたことを思い出したので散歩がてら街に繰り出すことに。

行ったのはDuty Free Shop、

免税店であるが地元の人も出入りしている。

いろいろブランドが入っていて、3階からDuty Free Areaになっていて4階には特別な階段があってなんか豪華そうな雰囲気。

しかしそんな豪華なものは買う気がなかったので4階には行かず。

このDuty Free Shop以外にも街にはブランドショップがあふれていてそれを眺めながら散歩しながらホテルに戻る。

ちなみにこういったブランドショップが軒を連ねているのはワイキキのビーチに沿って走っているカラカウア通りだけで一歩違う通りに入ると、いわゆる普通のアメリカの町並みになる。


ホテルに戻って一休み。

夕方からは今回の旅行、もとい出張のDutyがある。

といっても中華料理店でみんなでご飯食べるだけだが・・・。

その時間より早く集合してアラモアナショッピングセンターに寄る。

アラモアナショッピングセンターはとにかく広くいろいろなブランドが入っている。

ちなみにここはDuty Freeではない。

しかし日本語の上手な店員が多いw

ここでぶらぶらして目的の中華料理店へ。

アラモアナホテルの中にある中華料理店。

構えも大層。しかし大人数の客がいたらしく中は殺気だっているw

高そうな店だがしっかり客が入っているのはさすがというところか。

食事の内容は割愛。酔ってて料理の内容はあまり覚えていないから(美味しかったのはしっかり覚えているw)

その後、個人的には帰りたかったがまた飲みに行くことに。

日本と違って、夜も更けてくるとバーとか閉まるところが多い。

酔っ払いが集まってどこに行くか相談しても何も始まらないのでとりあえずタクシーに乗ってビーチの方に。

タクシーの中でどこに行くか話をしているとタクシーの運ちゃん(黒人)が、

「(お客さんバーを探しているのかい?だったら俺の知っているところがあるけど行ってみるか?)」

みたいなことを言った。

おいおい大丈夫かと思っていると、

「OK!OK!Thank you!」

と仲間が。

まったくあなたたちに危機管理能力ないのですか? やや呆れる。

といって降ろされたのはアウトリガーワイキキホテルにあるDuke's waikiki

ぱっと見アジアンはおらず。

大丈夫かなと思いつつ店を突き抜けてビーチサイドに出る。

店員もあまり日本語は出来なさそう(海外ではそれが普通だけどw)

ハワイでは酒を飲むのに写真付の身分証明証が必要だけど、1人が持っていなくてそれを片言の英語でごり押しw

カードを渡してとりあえず支払い能力のあることをアピールして飲み始める。

完全に迷惑な客ww

まあ夜も更けてたので早めに切り上げてホテルに帰ることに。

その時刻24時ごろであったが、安全面でいえばビーチの通りはまだ歩いていても大丈夫そうであった。

なんか毎晩やってることは日本での飲み屋のハシゴと変わらない気がすると思いつつベッドに入る。
よろしければ帰る前にポチッと

テーマ:ハワイ - ジャンル:旅行