FC2ブログ
日々思うこと
のんびり屋のきまぐれなブログ。最近はみんカラのミラーサイト的な立ち位置に。
海外旅行記③ 久しぶりの宿敵との再会
次の街、ロマンチック街道にあるローテンブルクに到着する。

ここでヨーロッパ初めての昼食をとる。

ぶっちゃけどんな料理か忘れたけど覚えている事は、

1、パサパサのタイ米

2、そのせいかジャガイモを練ったものが美味しかった

3、店員がやたら白アスパラガスを勧めてきた

4、ワインよりも水が高い

まずタイ米だが、15年来の敵に会った気分w

そのままだと全然口に合わない。旅行中何度か目にしたけど機内食のカレーと一緒に出てきたタイ米が一番美味しかった。

中には炊飯器で炊いたのにどうすればこんなにパサパサ出来るのかっていうぐらいのもあった。

んでヨーロッパではむしろメジャーなジャガイモを練ったような料理(マッシュドポテト?)がすごく美味しく感じた(いや実際に美味しかったかもしれない)

ドリンクは別料金なので店員がテーブルごとに聞きまわってたが必ず白アスパラガスを勧めてたw

んでミネラルウォーター。なんでワインと同じ値段あるいはそれ以上なのかww

悔しいのでワインアイスワインを飲んでやった。

そうこうして昼食を終えて店外へ。

目の前に懐かしい光景が。

EUインプレッサ


それはなんとインプレッサが!!しかも左ハンドル!!

日本車は地味に人気あるでしょう。記念に一枚写真を撮るww

そのあとはローテングルク観光。

マルクト広場の有名な市庁舎や時計台、聖ヤコブ教会を観る。

市庁舎


あとはオールシーズンクリスマスグッズで溢れている店とかあったり。

あとは城塞から突き出たブルク公園から城塞を眺める。

バスに歩いて向かう途中で移動遊園地を見かける。こういうのもやっぱりヨーロッパならではなんだと実感w

そして宿泊地のフュッセンへ向かう。
スポンサーサイト



よろしければ帰る前にポチッと

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

海外旅行記②
フランクフルトに着いてまずしたのが入国審査。

初めての入国審査でドキドキ。

フランクフルトはEUと非EUで分けられてました。

当然非EUの方に並んでいたが、大抵は問題なく通過できるんだが何故かアラブ系と中国系の入国審査は時間がかかる。分かるような分からないような・・・

そうするうちに自分の番が来る。

よく見ると審査官はいかにもゲルマン系という若い兄ちゃんで眼光鋭くこっちを睨む。

でも問題なくすぐに通過w

良かった・・・雰囲気だけで殺されるかと思ったw

その後は約18時間離れ離れだったスーツケースと再開を果たす。

ん?スーツケースバンドがない!

緩く締めてたわけじゃないけど、ポイポイされるうちに外れてしまったか?

中は開けられた形跡がないので特に問題なし。

フランクフルトからは専用バスに乗って一路ハイデルベルグに。

空港の目の前にあるアウトバーンの乗って数時間走る。

そこはもう赤レンガ屋根の連なる、中世さながらの街。

ハイデルベルグの街並み


そして小高い山の中腹にそびえる古城。

ハイデルベルグ城


ヤバい。ファイアーエンブレムの世界そのものだw

城の中には世界一大きいワイン樽もあったりする。

旧市街やそこにかかるカ-ル・テオドール橋も中世そのもの。

そして街の真ん中ともいえるマルクト広場。

いや~ホントにヨーロッパに来たんだと実感。

ちなみにヨーロッパはトイレが有料のところが多いとか。

そして水も水道水じゃなくミネラルウォーターが主流だとか。

そのミネラルウォーターも微炭酸だとか。

いや~なんか物事の節々でカルチャーショックを受けます。

そしてそれは次に行くローテンブルクで1回目のピークを迎える事にw
よろしければ帰る前にポチッと

テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行